望まぬ不死の冒険者 第3話

「……絶対に、俺は神銀ミスリルになる」その決意を胸に冒険者になって早十年。レントは地道に剣の腕を磨き、知識を蓄え、冒険者組合 (ギルド) へ貢献しながらも銅級下位のまま。
それでも毎日のように迷宮に潜り、努力を続けていた。そんな中、 低位迷宮《水月の迷宮》で未踏破区域を発見するが、そこで遭遇した《龍》に喰われてしまう。
命運尽き果てたと思われたレントだが、何故か意識を取り戻した――最弱の魔物 ・ スケルトンとして。それでも絶望に陥ることなく己にできることを模索するレント。手始めに魔物の特性である《存在進化》を利用して上位の魔物を目指し、人間に戻る道を探すことに。

不死者アンデッドとなったレントは、再び神銀級冒険者を目指す。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *